安泰山大國寺(だいこくじ)は 兵庫県丹波篠山にある天台宗の寺院です。境内の本堂や仏像は重要文化財指定でございます。

FrontPage

画像の説明

画像1 画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6

----
----
画像の説明
----

正和の頃(鎌倉時代末期)、花園天皇のご帰依により本堂を再建、また「安泰山大國寺」の称号を賜りました。唐様と和様の折衷で、当時の最新技法であったようです。以来広く地元住民に親しまれ崇敬されて今日に至っております。昭和42年、兵庫県観光百選に指定され、また、新丹波七福神大黒天霊場としても、たくさんの参拝者を迎えております。
本堂 : 室町時代初期に建てられた、唐様と和様の折衷様式。昭和36年国指定重要文化財に指定。
仏像 : 薬師如来坐像、大日如来坐像、阿弥陀如来坐像、持国天立像、増長天立像。5体とも、藤原時代作、大正11年国指定重要文化財に指定。
----
----

画像の説明
----
画像の説明
----

・薬師如来坐像 ご本尊
 「一仏三身」を表し、光景や宝冠、蓮華座など藤原時代特有のものが揃った珍しい逸品で
 貴重な仏像です。
・大日如来坐像・阿弥陀如来坐像
 脇侍仏として安置されております。
・持国天立像・増長天立像
 藤原時代の様式と日本人の畏怖感をよく伝えている藤原時代の傑作です。
----
----
----
----

     ”新着情報メール”サービス 登録募集中!

大國寺から秋の紅葉情報や四季の旬を”花メール”でいち早く皆様にお届けいたします!

画像の説明

境内の樹木の開花時期や紅葉など、満開の時期にあわせてお越しいただくのはなかなか難しいと参拝者様のお声も多くあり、”大國寺花メール”のサービスをしております。
お寺の最新情報や近況情報、旬の様子やお祭をメールにてご案内させていただいております。ぜひいい日和に合わせてお参りくださいませ。
ご希望の方は、下記フォームに必要事項をご入力の上、送信くださいませ。
----

----
----
----

画像の説明
----------
----------
a:28459 t:5 y:29

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional